これで安心♪サンダーバードでスマホを充電!予約の注意点も

お役立ち

サンダーバードって北陸新幹線に比べてスマホの充電がなくて不便だな…と思ったことってありませんか?

今まで僕は、関西方面に移動中の電車内ではスマホの電源節約のために触るのを我慢して本を読んだりしていました。

また早く北陸新幹線が大阪まで繋がって欲しいなーと数年後の先の未来を渇望していたのですが…先日サンダーバードに乗車した際にある席のみ電源のコンセントを確保出来る事を発見しましたΣ(・∀・;)

 

もうね…感動しましたよww

そして皆さんにも是非この感動を味わっていただきたい!!

 

さて、今回の記事ではサンダーバードで電源コンセントを確保して快適に電車旅をするためには一体どうすればよいのかをご紹介していきますね。

サンダーバードでスマホ充電可能な席を予約して快適に過ごす方法

始発の金沢駅から執着の大阪駅までは約2時間30分程ありますが、その間スマホをがっつり触れないのって結構きついですよね。

勿論スマホを使って遊んでも良いのですが…目的地に着いた時にスマホの充電が少なくて写真が撮れなくなったり、マップが使えないとかになったら不安です。

 

ただ、ある席を予約すれば不安からも解消されて、思いっきりスマホを触れるって考えると素晴らしいですよね。笑

それでは早速その素晴らしい席がどこなのかをご紹介していきますね。

 

充電コンセントがある席は1両につき8席存在しています(*^^*)

その場所は『1A、1B、1C、1Dと16A、16B、16C、16D』です!!

画像でご紹介すると以下の8ヶ所という事になります。

つまり車両の両端の席で電源の確保が可能という事ですね(*^^*)

この席のコンセントはパソコン用(100V、1.5A)にもなっているので仕事をする事も可能です!!

ただ、この席はかなり人気の場所のようですので旅行の日程が決まったら、すぐに予約をしてしまいましょう。

 

ちなみに僕は勘違いしていたのですが…全てのサンダーバードの車両にコンセントがある訳ではありませんので注意してください。

例えば、下の画像のように10号車に乗った場合は14列しかないためコンセントがない状態になっています。

僕は両端であればコンセントがあると意気込んで帰りの車両に乗ったら、がっかりして悲しくなりました。笑

下のサイトでも確認が可能ですので、一度見てみてください(*^^*)

サンダーバードの席を確認してみる

サンダーバードで実際に電源コンセントを使ってみた感想や使い心地を紹介

さて、ここからはサンダーバードに乗って実際に電源コンセントを使った感想をご紹介していきますね(*^^*)

ちなみに僕が乗ったのは16列Cでした。

16列目の場合は席の後ろ側にコンセントがあるので、少し不便です。笑

ちなみに1列目の場合は北陸新幹線のように席の前にあるので、面倒な方は1列目をおすすめします。

 

さて16列目の場合なのですが、後ろにコンセントがあるので電源の線が長くないと非常に不便だなと感じました。

僕は電源の線が1mあるものを使用しているので、電車内でコンセントが短くて困る事はありませんでした。

しかしながら、100円ショップで売っている30cmの線の場合は充電をすることが出来ません。

そのため16列目に座るのであれば、ネットで1mくらいの長い線を購入するのがオススメですね。

最後に

今回の記事では、サンダーバードで電源コンセントを確保して快適に電車旅をする方法についてご紹介をしていきました(*^^*)

電源コンセントがあるかないかで快適さも変わってくると思いますし、今度サンダーバードで旅をする方は是非参考にしてみてくださいね♪

知識ゼロの初心者でも
収入を稼ぐチカラが身に付く
メルマガに登録をする

  • 自宅やカフェでゆっくりフラペチーノを飲みながら、ノマドワークができる
  • 苦手な上司や取引先の人間関係に悩まされる生活から解放されたい
  • ブログで大きな収入を稼いでみたいけど、やり方がわからない

ボクの無料メールマガジンでは、そんな自分らしい生き方ができる思考法や、1記事で10万円以上を稼ぎ出したノウハウを暴露しています。

ぜひ、読んでみてくださいね!