【トレンドアフィリエイト】記事本文の書き方を徹底解説│1000文字が基準の古い常識は今すぐ捨てよう

アフィリエイト

トレンドアフィリエイト】を実践していく中で『一体どのようなことを記事本文に書いていけばよいのか?』と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ボク自身も国語が大の苦手でしたので”文章を書くことに対してアレルギー反応”がありましたし、そもそも”芸能人の方のことは良く分からない”ので困っていました。

またトレンドアフィリエイトには”1記事1,000文字以上”という1つ基準がありますが、ブログで大きな収入を得ていきたいのであれば、その古い常識は”今すぐ”にでも捨ててしまうことをオススメします!

実は文字数よりも”あること”を基準とすることが、今一番大切になってきています。

さて、今回の記事ではトレンドアフィリエイトで大きな収入を得るための記事の書き方について、コツを交えつつ徹底解説をしていきます!

なぜトレンドアフィリエイトの記事は1,000文字以上を書く必要があるのか?

まず最初に『なぜ1,000文字以上を書く必要があると言われているのか?』について学んでいきましょう。

結論を言ってしまうと、トレンドアフィリエイトを教えていた誰かが1つの基準として”1,000文字を書きましょう!”と決めただけなんです。

そして、この基準が徐々にトレンド実践者の常識になっただけで、Google側が正式にコメントしていたわけではありません

また、この”1,000文字以上という文字数だけに注目した記事”では、大きな収入を得にくい状態になりつつあります。

 

というのも、2018年以降からブログで大きな収入を得るために最も重要だと言われているのは”文字数”よりも”検索ユーザーが求めている情報を記載する”ことだからですね。

これはGoogle側が発表している”10の事実”というリストの中に記載がされており、今後更にこの傾向は強まり、文字数だけにこだわっているブログは大きな収入を得られない状態は加速すると思われます。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

出典:https://www.google.com/intl/ja/about/philosophy.html

そのため、ブログ記事を書く上で『検索ユーザーの求めている情報を記載して満足させる』ということを今後第一優先事項としていくことが必要となります。

ただ、そうは言われてもブログ初心者の頃は”ブログ記事の書き方”もわからないですし、検索ユーザーの求めている記事と言われても『一体どんな内容の記事を書けばユーザーが満足する記事を作れるのか?』と困惑してしまうと思います。

そこで、まず最初にブログ記事の書き方の基礎知識を身につけるためにも、今回は参考として『必要な情報を1,000文字でまとめて、記事を書く時の構成やコツ』を学んでいきましょう!

トレンドアフィリエイトの記事の構成を学ぼう

まずはトレンドアフィリエイト記事の構成を学んでいきましょう。

実はどの記事も基本的に同じような流れで文章が進んでおり、下の画像のような構成をしています。

この見出しの数に関しては、それぞれの記事で異なりますが、目安として2~4つくらいのケースが多いです。

  • 序  文:200文字(これからどんな話をしていくか?)
  • 見出し1:300文字(キーワードについて記載)
  • 見出し2:300文字(キーワードについて記載)
  • ま  と  め:200文字(この記事で伝えたかったこと)

1記事1,000文字の記事の場合、大体の文字数は上のようなイメージです。(あくまで目安としてお考えください)

ちなみにこの記事の場合だと、ここまでで1,100文字ほどありますが、こう見ると案外少なく感じませんか?(目次は文字数に含まれておりません)

記事本文の書き方を徹底解説│どう書けば良いのか?の悩みを解消しよう

それでは全体像のイメージができたところで、ここからは具体例を交えつつ”トレンドアフィリエイト”の記事本文の書き方徹底解説していきます!

今回は具体例として下記のタイトルで記事を書くことにします。

『新宿御苑でお花見│場所取りの必勝法を伝授!持っていくべき必需品も紹介』

この場合、記事の構成としては以下のような流れとなります。

序文

新宿御苑でお花見で良い場所を取るときの必勝法。

場所取りのときに便利な必需品を紹介する記事だということを伝える

本文(見出し1)

新宿御苑で良い場所を取るための必勝法を伝授する

本文(見出し2)

場所取りのときに必要なものや便利なものを紹介する

まとめ

今回の記事で紹介した内容をまとめて伝える

それでは、それぞれでどんなことを書いていくのか?を見ていきましょう!

序文はどんなことを書いていけば良いの?

まず”序文”とは、これからどんなことを伝えていくのか?を検索ユーザーに紹介する文章です。

本でも最初に導入部分がありますが、この本ではどんなことを書いているのか?を簡単に説明してから、実際に本文に入りますよね。

これと同じようにブログ記事でも最初に『読者さんが本当に自分の知りたい情報が書いてあります』ということを伝え、『どんな流れで記事が進んでいくのか?』の全体像を頭に想像していただくために、必ず序文を入れましょう。

そして今回の新宿御苑についての記事の場合だと、以下のような序文からスタートする感じです。

東京にはお花見の名所がいくつもありますが、今回はその中でも”新宿御苑”について注目をしていきましょう。

新宿御苑は毎年多くの方がお花見を楽しんでいますが、なんとピーク時には1日で6万人も来るんです!

そうなってくると気になるのが“場所取り問題”です。

せっかくのお花見ですから良い場所で桜を楽しみたいですよね。

そこで今回の記事では良い場所でお花見をするための必勝法、そして場所取りをする上で必要になってくるモノを厳選して紹介していきます!

ポイントとしては、序文は長過ぎないことが大切です!!

というのも、検索ユーザーは”悩み”や”疑問”を解決したくて記事にアクセスをしているため、早く答えが知りたい状態です。

そのため序文が長すぎると『ここに自分の知りたい情報は書いていない』と感じてしまい、他のブログに移動をしてしまう恐れもあります。

序文に関しては約200文字ほど書いて、記事の本文にいくのがオススメです!

序文に関して、もっと詳しく学びたい方は参考記事内で紹介予定ですので少々お待ち下さいm(_ _)m

本文はどんなことを書けば良いの?

ブログの本文は見出しでいくつかに区切って構成をされています。

本にも1章・2章などの区切りがありますが、その役割を見出しがしているとイメージするとわかりやすいですね。

それでは本題の記事本文はどのような文章を書いていけば良いのか?を学んでいきましょう!

まず記事本文を書いていく時の2つのポイントはこちらです。

  • 検索ユーザーが欲しい情報は必ず記載する
  • その情報に対する自分の考えや体験を記載する

ここから、それぞれについて確認をしていきましょう。

1.検索ユーザーが欲しい情報は必ず記載する

まず本文で必ず記載をしなくてはならないのが”検索ユーザーが求めている情報”を必ず記載することです!

今回の例で言えば、『新宿御苑で花見をする時に良い場所を取る必勝法』と『持っていくと良いモノ』ですね。

つまり、疑問に対する”答え”を準備しておく必要があるというわけです。

ただトレンドアフィリエイトを実践していくと、どうしても答えがわからないケースが出てきてしまいます。

そんなときは似たようなケースを探してみたり、かつて過去の事例をまとめるなどの方法があります。

こちらに関しては他の記事で紹介予定ですので、もう少々お待ち下さいm(_ _)m

2.その情報に対する自分の考えや体験を記載する

記事の本文中には”求めていた情報”に対して自分の考えを記載していきましょう!

ナヤミちゃん
でも私の考え方や意見って書いても意味あるの?

確かに検索ユーザーは情報を求めているのですが、昨今のGoogleにおけるブログの評価基準として”独自性があるコンテンツ”であることが求められるようになっています。

また、自分の体験談があると話がストーリー仕立てになり読みやすくなりますし、自分の意見を文章の中に入れていくようにしていきましょう!

ただ、ブログは日記ではないことだけは意識して、あくまで情報に対してどう感じるか?という視点から文章を書いていていくことが大切です。

それでは以上の2つのポイントを踏まえて、本文を書いていくと以下のような文章となります。

事実~

まず”新宿御苑”の開園時間は【9時~16時】までとなっており、入園するためには入場券が必要となります。

個人の体験や意見~

そのため、新宿御苑で桜が綺麗な場所を獲得するためには開園前から並ぶ必要があるのですが、平日と休日では並ぶ時間が全く違います

ボクも毎年新宿御苑にお花見に行くのですが、平日であれば○時までに並べば、桜の木の下でお花見を楽しむことができます

ただし、休日は話が違います。

休日だと○時に行かなければ、桜の木の下で花見をすることは”ほぼ”不可能です。

また、開園△時間前に並ばなければ、入場規制になってしまい、そもそも入園すら出来ない恐れもあるので注意してください。

まず新宿御苑の開園時間を記載して”情報”を提供します。

その後に、その開園時間に対して、かつて自分が新宿御苑にお花見に行ったときはどうだったのか?という”体験”を述べて、綺麗な場所で花見をしたいのであれば、開園時間より○時間前から並んでおくのをオススメしますという”個人の意見”を述べています。

まとめでこの記事の内容を振り返ろう

本文を書き終えたら、いよいよ最後に”まとめ”を書いていきましょう!

この”まとめ”ではこの記事で伝えたかったことを書く部分となります。

今回の例だとこのようになります。

 

 

ちなみに、この”まとめ”に関しても200文字程度でまとめることをオススメします。

というのもブログ記事というのは文章の最後の広告がクリックされる割合が高いと言われています。

しかし、文章が長いと読むのを辞めてしまう方も出てきてしまいますので、簡潔にまとめていきましょう!

記事を書く上で特に注意したい2つのポイント

それでは、ここからブログ記事に文章を書く時の注意点を2つ紹介していきます。

  1. アドセンスポリシーを守る
  2. コピペはNG

それでは、それぞれについて解説をしていきます。

1.アドセンスポリシーを守る

まず記事を書いていく上で注意をしたいのが”アドセンスポリシーを守る”ということです!

アドセンスポリシー”とはGoogleが作った規約のことをいいます。

もし、あなたがこの規約を破ってしまうと、今後ブログで収入を得る資格を失ってしまいます恐れもあります

全く意識していなくても規約を破ってしまうこともありますので、しっかりとアドセンスポリシーを確認しておきましょう!

2.コピペはNG

他者のブログの文章をコピーして、自分のブログの文章として貼り付けるのはNGです!

これはモラルとしても当然ですが、最悪の場合、ブログで収入を得る資格を失ってしまう可能性があります

もちろん、他者のブログの情報を参考にするのはOKですが、もろもろ文章をパクるのだけは辞めましょう!

どんどん他のブログを参考にしよう!

さて、ここからは”トレンドアフィリエイト”の番外編として、『文章が上手くなりたい方』や『収入を右肩上がりにしていきたい方』に対して手っ取り早く解決する方法を紹介していきます。

まず結論を言ってしまうと、上手くいっているブログを参考にするのが一番です。

例えば”どんな記事構成をして文章を書いているのか?”を見てみたり、”どんなジャンルのブログ記事を書いているのか?”を見ているのはかなり勉強になることが多いです!

参考記事ではボクがよく参考にしていたブログを紹介して、どんなことに注目をしていたのか?を解説していますので是非ご覧ください。

【参考記事】大きな収入を得ているブログからスキルを学ぶ

最後に

今回の記事では”トレンドアフィリエイト”でブログ記事の本文を書く時のコツや注意点を解説していきました。

初心者の頃は一体どのようなことを書けば良いのか?がわからないので、1,000文字が多いように見えますが、実際にブログ記事を書いてみると1,000文字では逆に足りないケースがほとんどです。

またブログを書くときは『検索ユーザーの悩みを解決する』を第一優先にして、4つの注意点を守りつつ長期的にブログで大きな収入をあげられる仕組みを構築していきましょう!

知識ゼロの初心者でも
収入を稼ぐチカラが身に付く
メルマガに登録をする

  • 自宅やカフェでゆっくりフラペチーノを飲みながら、ノマドワークができる
  • 苦手な上司や取引先の人間関係に悩まされる生活から解放されたい
  • ブログで大きな収入を稼いでみたいけど、やり方がわからない

ボクの無料メールマガジンでは、そんな自分らしい生き方ができる思考法や、1記事で10万円以上を稼ぎ出したノウハウを暴露しています。

ぜひ、読んでみてくださいね!