【Classic Editor】導入方法や設定方法をわかりやすく解説

プラグイン

WordPressはiPhoneのIOSと同じように、アップデートが繰り返されています。

そして、WordPress5.0にアップデートされた際に、記事を書くときの投稿画面が変わってしまうコトがありました。

なんでも感覚的に使いやすくというコトだったのですが、ボク個人としては使いにくい印象です。

さて、今回はWordPressの投稿画面を以前のモノに戻すプラグイン『Classic Editor

こちらについて設定方法や導入方法を簡単にご紹介していきます。

『Classic Editor』導入方法や設定方法をわかりやすく解説

まずはWordPressのダッシュボード画面を開きましょう。

そして、『プラグイン→新規追加』をクリックします。

そして、検索窓に『Classic Editor』と入力して、今すぐインストールをクリックしましょう。

最後に『有効化』をクリックすれば、設定は完了です!

Classic Editorのサポート期間はいつまで?

実は『Classic Editor』というプラグインは、サポート期間が2021年末までと言われています。

そのため、いずれかは新しい投稿画面でブログ記事を作成していく必要もあります。

Classic Editorプラグインは、2021年12月31日まで正式にサポートされる予定です。

出典:https://make.wordpress.org/core/2018/11/07/classic-editor-plugin-support-window/

実際に普段の生活でもiPhoneなども指紋認証がなくなって以降、使いにくいと言われていますが慣れなくてはいけないじゃないですか。

そのため、いずれかは新しい投稿画面で記事を書くコトになるはずです。

ただ、2021年末までは問題なく使えるので、ボクはまだ使おうかなと思っています。

なので、ゆくゆくはGutenbergに完全にシフトするべきだと思います。

知識ゼロの初心者でも
収入を稼ぐチカラが身に付く
メルマガに登録をする

  • 自宅やカフェでゆっくりフラペチーノを飲みながら、ノマドワークができる
  • 苦手な上司や取引先の人間関係に悩まされる生活から解放されたい
  • ブログで大きな収入を稼いでみたいけど、やり方がわからない

 

ボクの無料メールマガジンでは、そんな自分らしい生き方ができる思考法や、1記事で10万円以上を稼ぎ出したノウハウを暴露しています。

 

ぜひ、読んでみてくださいね!