No Self Pingsでセルフピンバックを防止しよう!ピンバックの意味とは

プラグイン

今回はWordpressのブログ運営をしていく中でセルフピンバックという現象を防止できるプラグイン『No Self Pings』の使い方や意味についてご紹介をしていきます。

実はこの設定をしておかないと、いちいち通知が来てしまったりでサイトを運営していく身としては鬱陶しい状態になってきます^^;

という事で早速『No Self Pings』の設定方法を見ていきましょう!!

ピンバックの意味とは?セルフピンバックとは一体何?

まず最初にピンバックの意味について簡単にご紹介をしてきましょう(*^^*)

実はブログを運営するために使っている『WordPress』にはある機能がついており、その機能の名前を”ピンバック”と呼んでいます。

それでは一体どんな機能の事なのかを簡単に説明していきますね!!

 

WordPressには『自分の運営しているサイトの記事が、他の記事でリンクされた時に通知が来る』という機能があり、その事を”ピンバック”と言います。

ちなみに通知が来るとWordPressのダッシュボードのコメント欄にコメントがいきます。

 

例えばみなさんも何か検索をしている時にこんな画面を見たことがありませんか?

これはブログを運営しているAさんが書いた記事の中にBさんの記事も一緒に読んで欲しいといった時にAさんがBさんの記事をリンクとして貼り付けているわけですね。

その結果BさんのサイトにはAさんという方からリンクをもらいましたという通知がいくという訳です。

 

さてそれではセルフピンバックとはどういった現象でしょうか?

という事で説明をしていくためにAさんとBさんにもう一度登場していただきましょう(*^^*)

 

それでは拍手でお出迎えください!!

2人が出てくるのかと思いきや…なんとAさんしか登場されませんでしたΣ(・∀・;)

 

実はセルフピンバックとはAさん=Bさんという状況になっているんです。

どういう事かというとAさんが記事を書いたけど、この部分の説明は以前自分で書いた記事があったからリンクを貼ったという事をイメージしていただければわかりやすいかもしれませんね。

今ブログ記事を描き始めたばかりでは想像が出来ないかもしれませんが、ブログを運営していくにあたり自分の記事にリンクを張る事はとても多くてGoogleもセルフピンバックを進めている方法です。

しかしながらいちいち自分の記事にリンクを貼っただけなのにWordPressの機能でコメントが来るのって鬱陶しい事になるんです笑

そのためこの『セルフピンバック』という現象を阻止したいという事で『No Self Pings』というブラグインを導入するという訳ですね。

No Self Pingsでセルフピンバックを防止しよう!インストールの方法は?

それでは早速『No Self Pings』というブラグインを導入していきましょう(*^^*)

まず最初にWordPressのダッシュボード画面から『プラグイン⇒新規追加』を選択しましょう。

続いて検索窓に「No Self Pings」と入力してください。
ピンバック

そして赤枠で囲んだ部分の『今すぐインストール』を押して、『有効化』をクリックしましょう。

有効化をすれば今後セルフピンバックの通知は来ることがなく、穏やかにブログ運営に励んでいけると思います笑

知識ゼロの初心者でも
収入を稼ぐチカラが身に付く
メルマガに登録をする

  • 自宅やカフェでゆっくりフラペチーノを飲みながら、ノマドワークができる
  • 苦手な上司や取引先の人間関係に悩まされる生活から解放されたい
  • ブログで大きな収入を稼いでみたいけど、やり方がわからない

ボクの無料メールマガジンでは、そんな自分らしい生き方ができる思考法や、1記事で10万円以上を稼ぎ出したノウハウを暴露しています。

ぜひ、読んでみてくださいね!