ポップルの収入源はどこ?マネタイズの仕組みをわかりやすく解説

ツール

2019年2月にリリースされて、一気に話題になった”ポップル

誰でもスキマ時間にSNSを通して副業ができるので、かなり話題になっていますよね。

仕組みとしてはインスタのように写真を投稿するだけなのですが、決定的に違うのが”いいね”が貰えるとお金がすぐに貰えるというポイントです!

インスタのようにフォロワーが一定数必要なわけでもなく、本当に手軽に収入を得られてしまします。

ただ、”一体ポップルってどこから収入を生み出しているのか”が気になりませんか?

今回の記事ではポップルの収入源についてわかりやすく解説をしていきます!

ポップルの収入源ってどこ?マネタイズの仕組みをわかりやすく解説

ポップルは『いいねでお金がもらえるSNS』としてリリースをされました。

1いいね=1円”が貰えて、自分が他の人に”いいね”をするだけでも収入を得ることができます。

ボクたち利用者にとってみれば、スキマ時間に手軽にSNSで収入が稼げるのでメリットしかありませんが、ポップルってどうしてここまで太っ腹なことができるのでしょうか?

写真を投稿してもらってもポップルを宣伝しているわけでもないですし、その写真を無断で使ってポップルが収入を得ている訳でもありません。

そんな謎が多いポップルですが、実はある方法を使って収入源を確保してマネタイズをしている素晴らしい会社さんです!

ポップルの収入源は2つ

まず結論を言ってしまうと、ポップルは2つの方法を使って収入マネタイズしています!

その方法が以下の2つとなります。

  • 広告収入を得ている
  • 企業と業務提携をしている

それではそれぞれの方法について確認をしていきましょう!

1.広告収入を得ている

ポップルは『ボクたちアプリ利用者が広告動画を見てもらう』ことで収入を得ています

例えば、他の人にいいねをしたときに”いいねボーナスチャレンジ”をする時に、30秒間動画を見る必要がありますよね。

この他にも1日の写真投稿数を増やすときに動画を見たりします。

実はこの動画がポップルの収入源となります!

これはユーチューバーと同じような方法でマネタイズをしていて、広告動画を見てもらうことでポップル広告収入を得ているわけですね。

そして、その広告収入の1部をボクたちユーザーに分配しているイメージです!

2.業務提携をしている

もう1つの方法として、ポップルは企業と業務提携をすることで収入を得ていると思います。

例えば、写真を投稿する際に”ポップルスタンプ”というものを写真に貼るキャンペーンをしていたことがあります。

キャンペーン時には、スタンプを入れることで”+3いいね”がもらえました。

これまでにセブンイレブンタイミー(人材系の会社)、リクポ(サロン予約アプリ)などがスタンプを提供していましたが、このスタンプを見ることでどんな会社か気になる方も多くいらっしゃると思います。

その結果、実際に調べてみて気に入ったら使ってみる方もいらっしゃるでしょうし、企業にとって良い宣伝になるということです。

この他にも貯めた”いいね”を使ってセブンイレブンの商品を購入することができますよね。

するとセブンイレブンに足を運ぶという機会を生み出せるため、ついでに”昼ごはん”を買っていこうとなり、セブンイレブンの売上が上がる可能性もあります。

企業側としてはポップルと業務提供をすると認知度も上がるし、売上を伸ばせる効果もあるというわけです!

そのためセブンイレブンなどの企業はポップルに業務提携をして収入を渡しているわけです。

以上の2つがポップルの主な収入源だと思われます!

まとめ

今回の記事ではお金が稼げるSNSアプリ『ポップル』について収入源がどこなのか?について解説をしていきました!

実際に仕組みを理解してみると、ユーチューバーやブロガーのように広告から収入を得ていた訳です。

ブログから収入を得る方法についても簡単に紹介をしていますので、見てみてくださいね!

初心者だったボクが3ヶ月で69万円を稼いだブログマネタイズ手法を徹底解説!

知識ゼロの初心者でも
収入を稼ぐチカラが身に付く
メルマガに登録をする

  • 自宅やカフェでゆっくりフラペチーノを飲みながら、ノマドワークができる
  • 苦手な上司や取引先の人間関係に悩まされる生活から解放されたい
  • ブログで大きな収入を稼いでみたいけど、やり方がわからない

ボクの無料メールマガジンでは、そんな自分らしい生き方ができる思考法や、1記事で10万円以上を稼ぎ出したノウハウを暴露しています。

ぜひ、読んでみてくださいね!