北日本新聞納涼大会の花火!富山市内の穴場スポット10選【2018】

富山

富山県の中でも、一番規模が大きい花火大会である”北日本新聞納涼大会

僕も、毎年欠かさずに花火を見に行っているのですが…毎年悩んでいる事があります。

それは『あまりにも人が多くて、見る場所がなかった』、『駐車場がなくて困る』といった事でした。

 

せっかく家族や恋人と見に行ったのに、イライラをした経験ってないですか?

やはり雰囲気も悪くなるので、出来れば人がいない場所でみたいですよね。

 

今回の記事では、僕がオススメする穴場スポットについて、ご紹介をしていきます(*^^*)

是非、2018年の花火を見る場所の参考にしてみてくださいね。

北日本新聞納涼大会の花火!富山市内の穴場スポット10選【2018】

それでは、早速富山市内にある、花火を見るための穴場スポットを、ご紹介していきます(*^^*)

ちなみに、開催日は2018年8月1日(水曜日)です。

また時間帯は『19:45~20:30』となっています。

①富山空港の展望デッキ

北日本納涼祭の花火は、神通川の河川敷で打ち上げられます。

ちなみに、有沢橋は通行規制(18:30~21:00頃まで)となっていますね。

そのため、河川敷で見ようとしても、駐車場がないし、道路が混んでいて大変なことになっています。

ただ、近くで見たいという方にオススメなのが【富山空港の展望デッキ】です!!

空港と花火のコラボレーションが見れるので、凄く不思議な気持ちになりますよ♪

 

また、空港なので駐車場の心配もないですし、普段のデートでも綺麗な景色が見れるので、是非一度。

②ANA富山

食事をしながら、ゆっくり恋人と花火を見たいという方にオススメなのが、ANA富山のレストランです。

ただ、こちらの場合は、駐車場の数が、非常に少ないので、注意が必要です!!

更に、予約は絶対に必須ですので、恋人とデートを考えてる方は早めに行動を起こしてください。

ちなみに、オススメなレストランは19階のスカイバーアストラスですね。

また、ビアガーデンも行われているので、是非そちらも♪

③グランドプラザ前

グランドプラザ前は、花火大会の当日に歩行者天国になるんです♪(14時から23時まで)

そして、道路にはテーブルと椅子が設置されており、賑やかな状態になっています!!

また、ビールなどが周りで販売をされているので、ゆっくり花火を見る事ができますね。

人がいて、ガヤガヤはしていますが、お祭り気分が味わえるので、そういった雰囲気が好きであれば、オススメですね。

ただ、駐車場の問題があるので、富山駅周辺、南富山駅周辺、西町などのコインパーキングに停車する必要がありますので、早めの行動が必要になってきます。

④呉羽山の山頂

さて、こちらも恋人と花火に見に行く方にオススメのスポットですね。

普段から、夜景が綺麗に見える場所なので、一度は訪れた事があるのではないでしょうか?

僕もクリスマスに一度見に行きましたが…綺麗でした(*^^*)

 

この場所では、夜景とプラスで花火が見えるので、非常にロマンチックな雰囲気になりますよ。

ただ、注意点なのですが、駐車場の数が、非常に少ないので、かなり前から場所を確保しておく必要があります。

しかし、場所を取れれば、ベンチに座って花火を楽しむ事が出来ますので、時間に余裕があれば、是非。

⑤環水公園

こちらは、結構有名なスポットですね♪

普段から、環水公園は人が多いので、駐車場の問題に、頭を悩ませている方もいらっしゃることでしょう。

そのため…想像がつくかもしれませんが、花火大会の時は駐車場が凄い事になります。

その事から、駐車場の事を考えると、富山駅周辺、もしくは公共交通機関で訪れるのが良いでしょう。

 

ただ、その問題をクリア出来れば、スターバックスもあったり、赤い糸をバックに花火などが楽しめますよ(*^^*)

⑥富山県立美術館の屋上

こちらも⑤と近くの場所にあるので、駐車場の問題があるので、ご注意ください。

周辺は、かなり混雑するので、混むのが嫌な方はオススメできません。

ちなみに、屋上が開放されているので、建物などに邪魔される事なく、花火を楽しむ事が出来るスポットです。

⑦城東ふれあい公園

これって一体どこなのか?という声が聞こえてきそうですねww

これは、僕が学生の頃に友達と見に行っていたオススメの穴場スポットですww

僕は、近くにあるアピナ富山新庄店で遊んでから、花火を見ていましたね。

なので、カップルとか家族にもオススメのスポットになります。

ちなみに、公園の中に丘のような場所があるんですが、そこに座ってみると綺麗に見れますよ♪

 

僕が花火を見に行っていた時は、10人位しか人がおらず、更に帰りも混んでいないので、次の日にも支障が少なくて済むので、ご安心して花火を見れると思います。

⑧北陸道の流杉のパーキングエリア

こちらの場所も『一体どこなの?』という声が聞こえてきそうですね。笑

場所的には、かなり会場から離れているので、混雑が割けれます。

やはり次の日に会社と思うと、無理はしたくないですし、そんな方にオススメな穴場スポットです!!

⑨有料席に座ってしまう!!

なんだかんだで、近くで花火を見たくないですか?

せっかくの花火大会ですし、近くで見ると迫力も違いますしね♪

 

ちなみに、特別観覧席が限定で60卓(4人席)用意されています。

料金については、弁当や手土産、ドリンクが付いて15,000円となっています。

ハガキやFAXで受付をしているので、早めに行動をしておく事をオススメします。

 

この他にもパイプ席が500席(2500円)で用意されているので、ゆっくり見たい方はオススメです。

こちらのURLから予約が可能です。

第70回北日本納涼祭

⑩グリンモール山室

どうやら花火大会の当日にグリンモール山室が午後7時から屋上を無料開放するようです(*^^*)

こちらであれば確実に車を駐車出来ますし、ゆっくり見れると思いますよ♪

また、スーパーもあるのでジュースを購入できたり出来るのでオススメですね。

最後に

今回の記事では、毎年8月1日に開催されている北日本納涼祭の花火大会を見るオススメの穴場スポットについて、ご紹介していきました(*^^*)

個人的なオススメは、”富山空港”と”城東ふれあい公園”ですが、時間などのご都合に合わせて、場所を選んでみてくださいね♪

知識ゼロの初心者でも
収入を稼ぐチカラが身に付く
メルマガに登録をする

  • 自宅やカフェでゆっくりフラペチーノを飲みながら、ノマドワークができる
  • 苦手な上司や取引先の人間関係に悩まされる生活から解放されたい
  • ブログで大きな収入を稼いでみたいけど、やり方がわからない

ボクの無料メールマガジンでは、そんな自分らしい生き方ができる思考法や、1記事で10万円以上を稼ぎ出したノウハウを暴露しています。

ぜひ、読んでみてくださいね!